読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるようになるさ

子育て、断捨離、病気の事などを気ままに書いています

出産のこと 息子編

 

息子は予定日を1週間過ぎていて、病院の規定で、入院して促進剤を使うことに決まりました。

 

切迫早産で、絶対安静にしていたのに…予定日を、超えると困るのでと、何度も張り止めをやめたいと申し出たのに…

 

娘のことを思うと、やり切れない気持ちでした。

 

 

過ぎた日々を後悔しても仕方が無いと思いなおし、とにかく指定された日の午後に入院して、その日は何もやることはなく、先生の診察だけをして過ぎました。

 

次の日の朝から促進剤を使う予定でしたが、なんと明け方から陣痛が始まりました!

 

2人目だからなのか、どんどん進み、陣痛室から分娩室まで直ぐでした。

 

その分、陣痛がとてもキツくて、途中で破水をしたりと、一気に生まれてくれました。

 

息子の時は余裕が少しあって、本当に嬉しくて嬉しくて、と言う気持ちが強かったです。

 

 

それからは、娘の時同様に家族写真を撮ったりして、和やかに過ごしました。

 

 

 

ところが・・・

 

足のアロママッサージを助産師さんにしてもらっている頃から、お腹が痛み出しました。

 

その痛みはどんどん強くなります。

 

 

助産師さんに訴えると、出血量が多い・・・先生を呼びますねとのこと。

 

先生が来て、お腹を押したりしています。その間も強烈な痛みが襲います。

 

それから、たくさんの看護師さんや、出勤していた医師がもう一人加わり、私の分娩台の周りを取り囲みました。

 

先生の指示の出し方も、余裕がありません。点滴もあっという間に3本も繋がれました。

 

「誰か、出血量を計る人、専任で1人ついて!」

 

「輸血の同意書、ご主人にもらって!」

 

「点滴量全開!急いで!!」

 

 

明らかにただ事ではありません・・・私は、唯一、娘の時に顔を知っていた助産師さんに近くに来てもらい、手を握ってもらいました。

 

そして、近くに居たベテランの医師に「私、死ぬんですか?、娘に会わせて下さい!!!」とすごい口調で聞いてしまっていました。

 

先生はとても冷静に「死ぬことはありませんが、このまま出血が止まらない場合には、子宮摘出も視野に入れています。」と。

 

 

それから、氷枕のようなモノをお腹におかれて、手や足を動かないように押さえつけられて、お腹の上から、強く押されました。

 

いま、出産を終えたばかりです。あまりの強い痛みに、涙がこぼれてしまいました。

 

 

結局、2リットル近い出血をしましたが、輸血はしないで、なんとか子宮は温存できました。

 

病名は「弛緩出血」というそうです。あまり詳しいことは分かりませんが、出産後に子宮の戻りが悪かったことが原因と言われました。

 

それから処置を終えて、夫が分娩室に入ってきた時には、泣いてしまいました・・・

 

 

 

そんなアクシデントがありましたが、息子が生まれて本当に嬉しかったです。

 

 

分娩所要時間は4時間半ほどで、とても安産でした。

 

41週・3384g・49.2cmで生まれてくれました。

 

 

生まれてくれてありがとう。

f:id:usasakumakuma:20161111230706j:image

 

 

 

 

励みになりますので、宜しければ押して頂けますと嬉しいです。


にほんブログ村


にほんブログ村